AMG 車

AMG社の車って?

AGM社はメルセデス・ベンツの傘下にある会社で、もともとは大規模なチューニングメーカーでした。
AGM社は今ではメルセデス・ベンツのモータースポーツ部門を担っており、一般的に出回る通常モデルをはるかに上回る性能の車を、
エンジンやサスペンションを独自で設計することで輩出しているのです。

 

そうした意味ではAGM社の車のセールスポイントはまさにこの部分であると言えるでしょう。

 

AGM社の車は通常のモデルとは一線を画しているため特殊な車であるということが言えます。
それは工程の多くが手作業の部分が多く含まれることからもわかります。

 

ボンネット内に車台番号とは別のシリアルナンバーや組みたてた人の名前が刻まれると言うことです。
そのためAGM社の車の価格は通常モデルの車とは大きくかけ離れており、それこ一点ものの扱いに近い車であるということが言えるのです。

 

メルセデス・ベンツのスーパーブランドともいえるAGM社の車であるからこそ、そこの価値を求める人は多く、世界中の人たちのスポーツカー愛好家に羨望のまなざしで見られるブランドとなっているのです。