車査定 低い

車の査定額が思ったより低い場合

ところで今、車の買取が大人気ですね。テレビCMでも頻繁に流れてますから、
なんとなく気になってるかとも多いかもしれませんね。

 

一般的にどのCMも高額査定を謳ってますが、しかし実際はどうなのでしょうか。
じつは査定というのは、車種ごとの大体の市場価格というものは、各社で共有されてますので、
大方の査定額というのは、車種や年式、走行距離などで大体分かるのです。

 

ですが実際いざ車を売ろうと査定を受けたら思ったよりも価格が低かった・・
ということもよくあるのです。

 

それにはもちろん理由があるのです。

 

たとえば臭いや汚れといった落ちにくいものや、純正品でないパーツなどのオプションとか・・・
こういった点はじつは減点対象になると言われてます。

 

なぜならこういった点は通常の車の傷やへこみといった外装などと違い、
なかなか改善されにくいところだからです。

 

相場価格から実際の価格が低くなるというのはこう言った減点法の要領によるところが多いのです。

 

考えてみれば確かに、買い取られた車というのは、その後誰かが乗るわけですので、
後で購入することになる人にとってはネガティブ部分はなるべく少なくしておくのが良いわけです。

 

 

 

車査定の独り言・・・

 

車を査定するのはあくまで人間、汚い車を見せられるよりはきれいに手入れされた車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。
車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、へこみや傷があるかないかをちゃんと確認しづらくなり、そこで査定額が減らされる可能性もあります。

 

下取り 10年落ち